プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条家の方面軍

先日、ネタにした武田家の版図に関連して、
北条家のほうは、どないなってたんやろと
気になりだしまして・・・(;ーー)>”
odano587.jpg

武蔵国境側では、北条氏康さんの意向で、
武蔵の大石氏に養子入りした、
北条氏照さんの軍団と、
同じく藤田氏に入った北条氏邦さんの軍団が、
甲州の国境を睨んでいるようです。

相模国境側では、外様国衆の内藤綱秀が
武田親類衆・小山田家に対して、国境の重鎮の様です。

相模国衆では宿老・松田憲秀の松田家が、
北条家の家政の中枢にくい込んでいるのに対して対照的だなあと
思います。

武蔵江戸城主の富永直勝も伊豆衆から、
最前線の司令官に抜擢されているのですが、家政には
かかわっていない様子。

家政には御由緒家の遠山氏が出仕しているようで、
行政官と軍事指導者の区別が完全に成されているようです。

遠山氏は北条家の婿、
吉良氏の補佐も兼任していたのでしょうか。

河越城には同じく宿老の大道寺氏が
任命されているので、
家老達が新規領土・
武蔵平野の小軍団長だったかもです。

氏康さんの戦略、
初期は信頼の置ける武将を配置する傾向。
後期は婿養子乗っ取り政策で、
一門衆を外域に配置する結果となったような
気がします。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/241-dbba3e2b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。