プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田一門衆・河窪信実

武田勝頼の最大版土図を作ろうと思い立ち、
境界を固めていた武将は誰かな?と
気になったので、武田家家臣団を
見直していってたのですが、
気になる武将が出てきてしまいました。
(織田家は方面軍がきっちり研究されてますが、
 武田家はまだ謎な部分が多い様子です。これから
 の研究が楽しみですね。)

「河窪一族、信実・信俊親子です。」
一門衆のわりにはマイナー気味?

同じ一門衆の一条信竜さんの評価は、
山県昌景さんが放った一言「華美を好む」の影響で、
昔はカッコつけ武将でダメダメのようなかかれ方を
していたけど、最近は見直されて、バサラ伊達者評価を
得られている様です。

が、河窪信実さんの名前は、
長篠で戦死したくらいしか
でてこないです。

武蔵方面、北条家の国境を守備する役割で、
武蔵鉢形城の北条氏邦と対しています。
織田信忠さんの「甲州乱入」では、
北条家は小山田信茂のいる相模口ではなく
武州方面から氏邦・氏照兄弟が軍勢を催している様子。
ということは河窪氏が受けて立っていたかと・・。

北条軍の侵攻というか
武田滅亡の際に北条軍の武功は伝わってないので、
「甲州乱入」には殆ど働きがないみたいですねえ。
(北条家は中立なのかなあ?)

北条軍が武蔵口に駐留しているにも係らず、
武田勝頼が河窪氏のいる方向、田野で戦死しているのは
真田の上野岩柩城を目指してという
長距離逃走を計画していたのではなくて、
河窪家を頼ろうとしたからではないのでしょうか?

後世の「真田天下一のツワモノ」に惑わされすぎて、
真田のいるとこに逃げればなんとかなったんじゃ
という贔屓が働いて、常識と化しているような感じです。
(自分自身もそう思ってましたし。)

河窪家は、上野国・武蔵国の境界の豪族の
那波氏(のち瀧川一益の与力)
を同心衆として従え、信玄弟・松尾氏の死後、
その遺領をも与えられ、
親族として抜群の信頼が置かれていた事がわかり、
これにより相当の軍事力を保有していたように
思われます。
(それにしても長篠で上野衆が殆ど戦死しているのにはビックリです。)

勝頼的には、河窪の背後の上野衆の後詰を期待できたとか。
上野衆の更に背後には、織田家とは犬猿の上杉景勝がいるから
なんとかなると望みを捨てていなかったかも・・・。

絶望の逃避行ではなかった気もします。天目山・・・。
odano589.jpg

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/240-0aab7349

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。