プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


羽柴秀吉(豊臣秀吉)の頁を更新

趣味のHP、天下侍魂(世界に広めようポジティブ魂)
の更新をしました。

といっても秀吉の家臣団のページだけなんですけどお(;--)。

突然、気になりだして頑張っちゃいました。

林秀貞つながりで、尾張にあと林ってゆったら、
秀吉さんの従兄弟が林孫兵衛?
一柳直末さんは河野分流稲葉一族つながり、
と頭の中がそれから離れなくなって
秀吉家臣団に目がいっちゃったんですが。

「武功夜話」が偽書でも、昔の人が書いた中に真実が一部でも
含まれているなら、俺はワクワクしてきます。

歴史への興味を閉ざす必要はないとおもいます。
嫌いな先生に教えられたら、
その教科が嫌いになるみたくなるでしょ。

あんまり頭ごなしに否定せんでも、
歴史に興味を持てるような
きっかけになれば、ええんとちゃうのんかなあ。

その人それぞれが、自分の真実を信じて
歴史を理解していてもいいかと・・

国家間の歴史認識とかいっちゃうと涙ですけど。

こおゆうことも、
「学問だ!」と次元を高めていってしまうと
認識の相違は許せないことかもしれませんが、
俺は博士でも教授でもないので許してたもれ、
と相変わらずファジーな路線で生きてます。

職場では適当な報告を書くことは、
許してもらえませんけど(はけぐちを求めているのか俺w)。


「都辺に行かむ船もが刈薦(かりこも)の
 乱れて思ふ言告げやらむ。」(遣新羅使)
 
「都へ行く船はないものかな
 刈り取った薦のように乱れる思いを
 言葉にして貴方に伝えたいものだ」

趣味の世界なので、間違いがたくさん、
つっこみどころも沢山あるかと思いますが
おおきな心でご寛容ください。
天侍を見てくれてる人、サンキューですっ!!(^▽^)ノ
banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/220-d1d03c04

 | BLOG TOP |