プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源ノ義経の

腹心となった部下に、
鎌田正清(のち政家)の子供
盛政と、光政兄弟がいます。

頼朝・義経、二人の父である
源ノ義朝と乳兄弟だった正清の子
ですから、嫡男を自負する頼朝にとって
もっとも頼りにしたい、思い入れのある兄弟
だったと考えられます。

しかし二人は義経の部下になったので
鎌倉幕府の正史「あづまかがみ」では
その活躍ぶりが、減らされています。
しかも、この兄弟の事跡が、奥州から
ついてきた佐藤兄弟の話に
すりかわっていたりします。

義経と、頼朝の確執のひとつの原因に
この兄弟の存在も、関係あったのでは
ないでしょうか。

兄は一ノ谷に戦死し、
弟は屋島で戦死します。
義経を守り討死していった
源氏ゆかりのこの兄弟を惜しむ
頼朝の気持ちが
義経への嫉妬と怒りにかわり
頼朝の心に「殺」の気持ちを
生んだのではないでしょうか。

「あづまかがみ」でも
この兄弟を描くことはタブー
になっていたのではと思われます。

佐藤兄弟はもちろん好きですが、
鎌田兄弟も、もっと陽の光を
あててあげたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/22-50b8f7b0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。