プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九鬼嘉隆♪

「のぶただ日記♪」外伝

織田(九鬼)水軍が瀬戸内海に
そろそろ登場してこないと
話をすすめたくても、
進められないでしょう~(`Д´)ノ
という感じで、九鬼嘉隆さんの登場です!

「男には負けると判っていても、
戦わねばならない時がある」って
キャプテン○ーロックさんが言ってますが、
本当は1582年にはまだまだ話しを進めて行きたくは
ないです。
oda501.jpg

img072.jpg

img073.jpg

img074.jpg

1578年「淡輪沖の海戦」です。
伊勢湾から移動してきた九鬼水軍が、
熊野水軍、雑賀水軍を撃破して、
和泉の国、堺に入港します。

織田の鉄甲船の復元図で不思議なのは、
船首付近が木造むき出しっぽいこと、
上面部分が空いて吹き抜け天井なので
焙烙火矢や火炎球(ナパーム弾)みたいのを
ほうりなげられたら船内が大炎上かと思うんですけど。
中であくせく消してたら大鉄砲
打ってられへんのとちゃうんかなあ・・・。
とおもって船首部分に鉄カバー、上面は薄い鉄板が
開閉式という感じに想像してみました。

きっと織田の鉄船はもっと
亀甲船みたいな構造をもっていたと思います。
後年の小西行長とかが負けたのは
軍船(戦闘艦)と補給船があって、
兵糧と兵士を運んでいる補給船を
どんどん沈没されての
兵站線の面での完全敗北だったんじゃ
ないでしょうか(妄想w
人気blogランキングへ←ランキング順位UPに、
ここをクリックで一票の
ご協力を宜しくお願いしま~す。
漫画を描く励みになるので(^▽^)>”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも
参加しました。上と同じく一発クリックお願いシマス。
お手間ですがどうぞヨロシクデス。m(_ _)m
(押してくれたかたに感謝です。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/132-525dfdcb

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。