プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井長政の最大版図と金ヶ崎からの信長の逃げ道

oumikuniasai01.png

浅井長政の所領の最大版図について考えてみました。

1560年の「野良田の合戦」に勝利して独立を勝ち取り、
1563年の観音寺騒動で愛知川から東の国境を確定し、
1565年に近江高島郡の高島佐々木氏を打倒(朽木氏本家)。
そして朽木谷の朽木氏は将軍を匿った名族であるから今回は赦免すると温情を見せたという・・。
堅田の水軍等は、反織田だったということは琵琶湖での商売上、湖北三湊を抑える浅井とは友好関係だと推測されます。

浅井家って、大大名ではないですか?

1570年4月末、浅井長政の離反に信長は逃げ道を必死に探したと思いますが、
朽木谷を通って、千草峠越で戻るというのは、
湖西の沿岸豪族は長政に従っているので朽木を通るしかなく、
岐阜に戻るにも愛知川から佐和山にかけて浅井領なので、避けて通るしかなかったのかなと。
浅井領の縁辺をスルスルと通って帰る感じです。

浅井長政の離反は、信長も相当の窮地に追い込まれていたということでしょう。
信長が、長政の髑髏を盃にして酒を飲んだというのも、殺されかけた怒りからでしょうか。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。