プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田空明

最近、小説を書こうと思って調べなおして驚いたこと。

伊勢長島一向一揆に参加した武将に、安田空明という人物がいたのですが、

先祖が甲斐出身、ということが分り「ん??」となった。

甲斐源氏の安田氏といえば源平に活躍し東海道に広大な所領を得た名門の家系。

いろいろあってお家がお取り潰しのようになりましたが生き残りが。

戦国時代の伊勢長島は、甲斐武田家の上洛を待ちわびつつ、織田家と長きに渡る闘争をしていましたが、

安田家と、武田家の取り合わせ。

それに毛利家家臣の粟屋氏も安田氏の子孫を名乗り、

若狭武田氏の家臣である粟屋氏も同祖だとか・・。

織田信秀の軍師には若狭系統と考えられる武藤氏がいますし、

一色氏の伊勢支配により移り住んできた者もいるでしょう。

しかし、安田空明の祖は、親鸞に法泉寺の名をもらって、それから11代目といいますから、

源ノ頼朝に誅殺された安田義資の子が出家して、親鸞の下でほにゃららな感じも推測されます。

想像の域ですが、

源氏の血が再び重なり合う事があっても面白かっただろうなと、ふとそう思ったのでかきこみ。

スポンサーサイト

6月2日信長様御前

「本能寺の変」の日、

『天下侍魂』信長様のTOPページ訪問者は30人でした。

惟任日向守の軍勢には太刀打ちできませぬな・・・。

拙者の力不足で面目次第もございませぬ。

という感じです。

訪問して下さった30人の方々の忠魂に感謝で御座る。

貴伝達こそ真の馬廻衆で御座る!

ということで、来年も頑張りましょう。

(旧暦でなら、新暦のいつ頃相当なのかは謎です。まだ大丈夫なのかも?)

続きを読む »

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。