プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田家次世代・信忠側近・団忠正について

信長から、信忠家臣団に付属された、団忠正。
通称、団平八。

もとの名を梶原忠正。

梶原氏といえば、源ノ頼朝の一の側近として、
源ノ義経と激しく対立。のちに坂東平家の畠山氏ともライバル関係。

通称の団平八は、
頼朝に近しい三浦氏が。男平六と呼ばれていたことと通じるものでは?。

三浦氏と、梶原氏は、相模の平氏の同族。
忠正さんはイメージの良い三浦氏の方を意識したか。
(佐久間信盛は三浦氏後裔なので、
信長様の推し進める婚姻政策で梶原・佐久間が縁戚にあると面白いですね。
団さんで、林→森のような佐久間家からの譜代重臣家格の移譲も狙える一石二鳥計画。)

戦国時代に、伊勢宗瑞の後裔、鎌倉北条氏の秩序復興を掲げる、
小田原の後北条氏を脅かすには、絶好の名乗りだったのでは。

森長可は、源氏の後裔を名乗っていますし、森と団の
この2名が、甲州征伐の先陣にあえて選ばれたのは、
この戦争でもって、後北条氏に強烈な圧力をかける為だったのでは。

「北条氏政、つぎはお主達の番だぞ」 相模は団(梶原)忠正にくれてやるぞ的なメッセージが、

(ちなみに森長可さんの官位は後北条氏の土地の「武蔵守」。
後北条氏に対処するため、
「天道」というものを意識していそうですね。汗)

ちらつかされていたのかもしれませんね。
「流石です信長様」
と久々に織田家ネタで。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

古代豪族追加)河内国 枚方神社神職 水走家について

古代豪族の頁に追加しました。
河内国枚方神社の神職に水走家があったということで。

中臣氏・春日氏の後裔にあたる家系だそうです。
ならば藤原氏と名乗れそうですが、

藤原氏=天智天皇の御落胤説で進みますと、藤原に媚びず、
中臣氏と言い張るのは、嫡流としての尊厳とかなのでしょうか。

記紀には天照の息子の代、孫の代と、畿内に進出してくるような記事がありますが、
そこに立ちはだかるものとして道速振神が登場します。

道速振(みちはやふる)、水走(みずはや)・・・・。
何か謎がとけそうな気がしてきます。

大和川水系の水運を管理する氏族として、古代から重要な位置にいたのでは。
南北朝期には楠木正成にも協力していたらしいですし。

古代史の重要な系譜の家ですから
家伝など古文書の発見があればよいですね。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

追加 奥州安倍氏の家臣団 安倍良昭、安倍官照について

奥州 安倍氏の家臣団の頁、更新しました。

私が昔調べた系図では、安倍義時の長子で庶子、出家した法体の武将として安倍良昭がいましたが、

最近の系図研究では、安倍義時の弟に安倍良昭、入道して良照。

安倍義時の息子に、叔父・良照の跡職を継承した、官照という人物が存在するようです。

二人の事績が重なり合って、ひとりの事績となっていたのでしょうか。

斎藤道三のように二人の事績がひとりのもの、となるのは多々あることです。

花押や、筆跡で、あきらかになっていくと良いと思います。

これからの研究に期待です。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。