プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


藤原ノ不比等(史)と葛野王

fuhito.jpg

女帝・持統天皇が望んだ政治体制について、考えてみました。

その後の藤原氏がなぜに台頭していくのか。

天智天皇が頼みとした地方豪族達の軍事力は、百済救援への出兵で急激に失われ、

弟・天武天皇は体制を確立するために、皇族を重用し「八色の姓」で身分制度を厳しく。

下からの台頭を抑えつけます。

持統天皇は、父・天智帝の御落胤・藤原ノ史(不比等)、大友皇子の息・葛ノ王(天智帝の孫)を

左右の側近とし、自分の子孫血統、文武帝の政権を盤石のものとしようとしたのでは。

中臣ノ鎌足は物部系といっても、不比等が天智帝の御落胤ならば、皇室系。

同じく大津朝の系譜の葛野王も、皇室系。

ならば「八色の姓」の規制も関係は無くなり、朝廷の中枢に君臨できます。

のち、更に皇室から分かれた新世代の皇子、橘系も葛城王の系譜なのは偶然か。

同じツル植物の名を持つ皇族が、天下の支配を担う意味があるのでは。

のち織田家が一門衆のことを「連枝衆」と呼びますが、神官家(織田剣神社)の感覚での呼び名では。

持統帝にとっては、きっと、葛と藤で「連蔓衆」といった感じだったのではないのでしょうか。

葛野と、藤原、野・原がついているのも対照的です。

藤原がどこからきた姓なのか、ずっと不思議でしたが、今日はなんとなく自分の中で「すっきり」。

信長様も、林・森やら、羽柴・柴田やら、惟任・惟住も、瀧川・徳川も、そのような感覚だったのでは

ないでしょうか。と、いつもの信長様オチで。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

古代から新興軍事氏族のページ増設

過日は、国造(くにみやつこ)について更新しましたが、

これは、古代からの列島の在地勢力の繋がりを明らかとしていきたいという気持ちで。

国造が新設されるのは、その大君の代に、地方の豪族が服従、朝貢してきたと理解しています。

また、

国造の先祖関係を明らかにすることにより、集団の系統と、地方ごとの勢力関係が見えるかと思いました。

というわけで、国造関係は2ページで内容別に分割しています。

ちょこちょこ手を加えて、いずれ完成させたいと思います。

今回は、さらに新興軍事氏族について追加しました。

東国への進出など経過をみていますと、

毒をもって毒を制するというか、

蝦夷に対しては、渡来人(百済系、高麗系、漢・秦系)を

ぶつけてきているように思えました。

渡来の方々にとっては開拓(フロンティア)です。

婚姻を結び親睦を深めての平和裏の支配か、

戦闘的に制圧しての支配か、

古代に何があったことでしょう。

というわけで、渡来氏族の探求も、捨て置けないということで、

ページを増設です。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

国造・古代豪族のページ追加

思うところあって、古代豪族シリーズのページを追加しました。

前々から、今のページだけでは足りないなあと考え、

いつか補強したいと願っていたので、この週末に頑張れて、

少しすっきり。

「敗者の側の歴史を掘り起こす」と考えているので、

物部氏の残した『先代旧事本紀』関係の検討は、

避けては通れない作業です。

私の生まれ育った、物部氏の本拠、河内国の志紀と、

大和朝廷と関わりの深い、大和国の磯城。

この2つの「シキ」の地名。

私が「日本史」に興味を持つきっかけとなった地名。


このキーワードが、生涯の呪縛のようです。



banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

 | BLOG TOP |