プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


大道寺政繁

daidouji1.jpg

なにげなく、勢いで描いてしまいました。

大道寺政繁さんのつもりです。

大道寺氏は古参中の古参で、後北条氏の侍大将として代々活躍してきた家柄。

また、母がたは遠山氏らしく、これも後北条氏の重臣の中でも特別な遠山氏。

福島氏やら、高橋氏は北条姓を与えられていますが、

松田氏やら、大道寺やら、遠山、富永は、そのままの姓です。

どういう基準で一門として迎え入れるのか、後北条氏累代の老臣としての家名が重要なのか・・。

謎です。

政繁さんは、行政官としても、武将としても、たぐいまれな資質を持っておられたようで、

瀧川軍団が敗北した際の武功で、全国区となったのでしょうか。

松田憲秀さんより、何故か総合的に良いイメージの武将です。

歴史的な解釈により、松田さんの評価も、実は変わるかもしれませんよね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

スポンサーサイト

林ノ光明 公

林ノ光明

大河をみながら描いてたら影が濃くなっちゃいましたw。

活躍したのは平安末期から鎌倉時代初期にあたるんでしょうか、

加賀の豪族、林(藤原)ノ光明公のつもりです。

藤原利仁流の系譜で、

越中の豪族・宮崎氏との関連もあり、

加賀ではのちの富樫氏や、越前の斎藤氏とも関連があるんじゃないでしょうか。

斎藤道三に出仕した、槍奉行の林一門や、

織田信長家臣筆頭の林秀貞、

彼らは美濃稲葉氏と関連があり、

稲葉氏は、伊予の河野の一門だといいますが・・。

はたして、どちらの流れなのか。

南北朝内乱に南朝方として、

河野氏の流れの人達が美濃や越前に来た際に、

鎌倉時代からの林家の子孫と結びついたということなのかなあ・・。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

青山宗勝

青山宗勝 公

丹羽長秀の娘婿にして、羽柴秀吉の友。

信長小姓の青山 虎は息子とも。

現在伝わる年齢、家族構成に若干疑問の残る武将です。


ひさびさに、とりあえず描いてみた。

 | BLOG TOP |