プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


細川水軍・安富氏

戦国の海外乱闘事件つながりで、

当時瀬戸内海で精強を誇っていたのは安富氏。

村上水軍よりも、安富氏でしょう。


讃岐の香川・香西も安富につづいて海運に従事していたと考えれます。

阿波側の三好家が台頭してきたのは、

大内家との関係が悪化して、瀬戸内海に蓋がされ、

讃岐側の諸氏が、利権を失ってしまったからではないでしょうか。

瀬戸側の備前・細川氏や、

香西・香川みな没落のタイミングが通じるような気がします。


阿波からは、薩摩・琉球や、伊勢湾、

東海道側の湊へも、出航が可能だったことでしょう。


嫡流・大内義隆と、庶家・陶晴賢の確執は、

背景に勘合貿易をめぐる利権を得ようと、

外部勢力が陶氏の買収に動いたというようなことは

ないのでしょうか。


西国の動きは、なかなか一筋縄ではいかない気がします。

石見銀山を巡る、大内・尼子の関係。

生野銀山を巡る、山名・細川の関係。

陸は陸で、実利を求めての争いがあったことでしょう。

備前・美作では刀剣の資源・砂鉄を巡る争い。


巨大な利権が、戦国大名の動きには絡んでいると思われます。


津島の商人で信長の右筆兼奉行の松井友閑さん、

彼の一門が、のち長岡藤孝に仕える、松井康之ともいいます。

彼は日本海側の織田水軍の旗頭となります。


細川末流の藤孝と、水軍の旗頭・松井氏の結びつき、

「勘合貿易」の残像が背景にあったりすると、おもしろいですね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

スポンサーサイト

戦国の国外乱闘事件

1508年、時の天下人、「半将軍」と呼ばれた室町幕府管領・細川政元が部下に殺された事件から、

政元によって追放されていた、元将軍の足利義稙が、北九州・西中国地方の有力者、

大内義興に擁されて上洛し、政権を奪還します。

細川政元の養子、高国はうまく立ち回って、

義兄の元澄に、将軍に反逆した父・政元の責任をおしつけ、

新政権の管領に収まります。


1516年大内家は日明貿易の独占権を得て、巨利をえます。

瀬戸の海運掌握を目指す細川家、

管領・細川高国は大内家の軍事力に頼みながらも、

内心は苦い気持ちだったことでしょう。

1518年大内義興は国元の基盤が、

出雲尼子氏により揺らぎ急遽帰国。

この背景には細川高国の暗躍があったかもしれません。

1523年国外の湊「寧波」にて大内家の商船団と、

細川家の商船団で、武力衝突が勃発します。

もう、この時には義興と高国の亀裂は修復できないものと

なっていたのでしょう。


「応仁の乱」西軍派閥の分裂。


東海道方面でも、大内家につくか、細川家につくか、

微妙な時期があったに違いありません。

細川高国に親しい清洲大和守の織田家、


大内義興に近い尾張山口氏と、その縁戚の佐久間氏。

佐久間氏と近い前田氏など、管領・細川派と

どのような抗争があったことやら。興味がつきません。


その中で、織田信秀さんがどうやって

尾張第一の実力者に駆け上っていくのか、


高国に追い落とされた兄・元澄の

「応仁の乱」東軍派の復活。

阿波細川氏の主軍事力、三好家の畿内制圧。

元澄の息子・細川晴元、その重臣・三好範長(のちの長慶)と

織田信秀の結びつき。



織田弾正忠家の興隆前に焦点をあてて、

もっと深く歴史をえぐりたいですね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

あけまして おめでとうございます

HP「天下侍魂」ともども、

本年度も よろしくお願い申し上げます。


日本をつくった侍達の崇高な魂が、

「サムライたりたい」、と考えている人へと

伝わればなあと思います。


伝説的な人物であろうと、

とりあげないと話題にも のぼらならなくて

忘れ去られていくものなのでは?

と思うので、史実や根拠がなくても、抹殺されるのではなく、

こおいうHPでとりあげて、未来の世に残さねばならないのではないか、

と最近は思います。

今の本よんでると、これは史実ではない、

この人物は実在しないと批判的なばかりで・・。

「「聖徳太子」は存在しない!」にも開いた口が塞がりません(涙。


原典とかにこだわること、学問として高めるには必要かもですが、

その原典が人を騙すために書かれていたものであるなら、

現代人も同じく騙されるのでは? それで否定に走る・・。

戦争関係の書簡やらの文書とかとくに、敵方・味方の両方の

攪乱のために書かれているかもですし。


なんにせよ、文字にして残さねば始まらないということで、

これからも独自の方向で行きたいと思います(笑。


昨年は5月2日に4万アカウント、

現在6000アカウント加算されていますので、

それほどの方たちが観に来てくれていたんだなっと、

感慨もひとしおです。


どうぞ、これからも、

日本の侍魂を愛していってください。

ならびに、HPもよろしくです。

感謝、感謝。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

 | BLOG TOP |