プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化とは

「文化」とは、なんぞやで、

文化は言葉が違うとか。

定義の根本が違うのかな?

室町文化とか、元禄文化とか、

同じ言葉だし・・・。

民族と、民俗的な、お互い考えてる中での最初の設定が違うから

話が噛みあわないのかもしれませんね。


自分は「文化」とは宗教のことだと思います。

宗教の変遷で、時代が変わる。

民族の集まりも変わる。

キリスト教を受容するか、イスラム教を受容するかで

大きく文化も違うでしょうし。


北海道でいう擦文文化とアイヌ文化の違い、

基本的に人のDNAは同じだと思います。

言葉も、日本列島に残るアイヌ語地名からいって、

基本的にアイヌ語は、旧列島語だろうし、マタギ等「山師」に残る

山ことばからも、蝦夷=アイヌだろうし、

部族のぶつかり合いで、大量虐殺があったとしても、

混血による母方の文化の相続はあったはず。

松前藩の支配下でも、3万人近くのアイヌは命脈を保っていたはずで、

銃器の武力差のある、支配者による大量虐殺が可能な、過酷な時代であっても、

民族が絶滅することは、ないのだろうと思います。


縄文時代、早期、前期、中期、後期、晩期、

いえることは宗教が、祭祀の方法が変化していってることが

なんとなく遺跡の様子から伺われること。


続縄文、擦文、アイヌもまたしかり、


宗教の変遷あってこその、文化の差があるのだろうと・・。

言葉の変化では、文化は、、昔のことは推し量れない。


文字として、残ってもいないのだから。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

竹千代強奪事件について

徳川家康の最初の試練としてよく登場する話。

田原城主の戸田康光・堯光親子が、織田信秀に通じ、

城に立ち寄った今川家への人質一行を、船で送還し、売り飛ばしたというネタなのですが。

戸田氏は今川氏の怒りに触れ、滅ぼされてしまうというオチ。


たかが一地方豪族が、目先の小利に心動かされ、

海道一の弓取りと名高い今川氏に、このようなだいそれた行いを

実行するものでしょうか・・。


何か裏があるように思えて仕方ありません。


戸田氏は元々は中央の細川氏の被官。

阿波細川氏とは強い繋がりをもつようですし、

その重臣の三好家とも、なにか関連性をもっていてもおかしくない。


清洲織田家は細川高国と強いつながりを持っていて、

援軍の為に京都に出陣していたり。

織田弾正忠信秀は、台頭してきた細川晴元に鷹を贈り、

その贈答物が三好長慶に払い下げされていたり。

信秀のことは長慶にまかせたぞという、晴元の意思だったのか・・。


どういうやりとりなのか、想像がつきませんが、

これらの関係が絡んでの、


戸田氏の暴挙だったのではないのでしょうか。

足利将軍家の対立や、細川管領家の対立とか、晴元と執事・三好長慶との対立とか、

年代的な前後関係、じっくり調べてみたい事柄ではあります。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

お払い

朝、神社に電話して、昼から厄年のお払いをしてきた。

数え年齢で42歳が本厄、その前後が前厄と後厄。

服装は、仕事の作業着で行ってきた

(これがユニフォームだし。もっともお払いしたい関連物だからw


率直に、この年齢まで五体満足に生きれた事に感謝。

祖先の霊に感謝。


あと8年で、信長様の没年齢と同じ。

坂本竜馬の没年齢はとっくに越してしまっているし、

自分は生きてきて何ができたかな・・と、恥じ入るしかない。


歴史に名を残した人物の偉大さを、感じずにはおれない。

高見に到達するひとは、

天の時、地の利、才能に恵まれているのだろうなあ。

あと、自分を磨き上げる努力も怠らなかったのでしょう。


人と関わり、人を動かす才能、

これは地位でついてくるものなのだろうか。

弁舌により得られるものなのだろうか。

地位はどうやって得られるのだろうか。

自分は権力がほしいのか?


自分の世界を守るために権力がほしい。

やりたいこと(仕事)に、他人に介入してほしくない。


飲み会で権力を志向し、入った会社の年功序列に見切りをつけて、

下請けの別の系列会社で管理職となり、年上を使う人物の話を聞いた。


その割り切り方もすごいけど、

やりたい事をそんなにばっさりあきれめられるというのもすごい。


自分は何もかもが中途半端なのかな・・。悩む悩む(厄年だから、笑。



スサノオ様、大国主様、諏訪神様、ご加護を。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。