プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


織田信秀

odanobu0002.jpg

紅白みながら、なんとなく描いてしまいましたw

「越後の戦鬼」といえば上杉謙信の父上・長尾為景公ですが、

自分の中では尾張の「いくさおに」は、

織田信長様の親父殿・織田備後守信秀公が ふさわしい

と思ってます。

織田弾正忠家が何故三奉行の身分からのしあがったのか、

織田信秀公が大和守家の「軍(いくさ)奉行」だったとは
いいますが、

何故、上四郡の伊勢守家の家臣団も

信秀に従い美濃と戦うのか。

ずっとしっくりきていなかったのですが・・。

斯波義達の敗北から20数年来の

「今川支配を脱却する」ために

那古屋城主・今川氏豊を謀殺した下克上、

これこそ信秀さんヒーロー伝説の大切な部分なんじゃ
ないのかなあ・・。

斎藤道三が一代で美濃の国盗りをしたという
伝説が伝わるくらい、歴史はあやふやなものなのだから、

実質、尾張は今川が支配してたんじゃないでしょうか?

今川氏豊に城内に屋敷をあたえられるくらい

今川家にとりいっていた弾正忠家。

信長以前の史料が残ってないのも、

所領安堵状とか、今川家のものを残していることが

自家の不利につながることから、

当時の人々が破棄したからじゃないでしょうか。

大和守も伊勢守も、信秀さんが今川氏豊を追い出し、

斯波義統を擁立したことで、弾正忠家の

リーダー的立場を認めなければ

いけなかったとか。

斯波家はもちろん、いままで自分を監視してきた

今川派の代官・大和守家よりも、

鎖を解き放ってくれた、弾正忠家が「ういやつ」

だったんじゃないでしょうかねえ~(妄想。

信長様以前の空白の尾張の歴史を妄想する年越しです(笑。

信秀公の侍魂に合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

賀状 織田虎長(笑

織田虎長2010

年賀状で織田虎長をつくってみました(笑。

以前つくった「織田信にゃが」魔王バージョンのつかいまわし

というのは秘密w。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

今川(那古屋)氏豊

odano920.jpg

今日の気分で尾張の領主だったのであろう、
今川(那古屋)氏豊のつもりです。

1517年「遠江遠征」での斯波義達の敗北後、

駿河守護・今川氏親によって、尾張は
属国扱いになったんだろうと推測されます。

いくら(足利)同族とはいえ戦国の世ですから。

1536年に斯波義統が守護として復権したようですが、

この歴史では抹消されている
1517~1536年の謎の期間こそ、
今川氏豊の時代だったんだと思います。

1532~1540年の間に織田信秀公が那古屋城を謀略で乗っ取り、
今川氏豊を追放して、
嫡男・織田信長を配置します。

織田信秀はこの軍事行動で一躍ヒーローとなって、
斯波義統を擁立し、その保護者である清洲大和守家も

信秀と表向きは仲良くして重用(ヒーローですから)。
今川支配からの脱却の為に、
伊勢守家も斯波殿を担ぐことに異存はなかったことでしょう。

反今川路線を走る中で、周辺の
土岐家や朝倉家と良好な関係で、反面、土岐家のために、

信秀さんは美濃守護代・斎藤家(斎藤道三)
とは対立する関係となって、
美濃へ兵を進めることになったのではないでしょうか。

今川氏豊は系図では氏親の六男ですが、
今川義元の弟でもなく、
活躍期間的には、
氏親の弟なんじゃないのかなあ・・。

1536年の今川の内紛「花倉の乱」の混乱に乗じて、
織田信秀さんは
尾張の独立を勝ち取ったのではないでしょうか。

織田弾正忠家がのしあがっていくなかで、
今川氏豊はひきずりおろされる為の、
実はすごい重要な人物なのではないのかなあ~
と思います。

信長様もけっこう自分に不都合なことは
歴史から抹消してますよね。

1551年の岩崎丹羽氏との合戦での敗戦や、

1570年の「姉川の七本槍」のこととか・・・。

まだまだ明らかになってないこと、
あるとおもいます!!

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

織田敏定

odano919.jpg

織田信長様のご先祖です。

清洲大和守家の織田敏定さんのつもりです。

足利義政、斯波義良に認められ、

本家の伊勢守家の織田敏広さんと抗争し、

尾張の実質的な指導者となります。

戦いの中で右目に矢が刺さっても
そのまんま戦ったそうです。

隻眼の勇将。

昔どっかで
肖像画をみてしびれたんですけど、

(どの本でみたんやろ・・・)

どんな顔だったか忘れましたw

織田家の中には こういう
熱い血が受け継がれいて、

織田一族の中から
乱世に決着をつけようという
麒麟児が誕生するねんなあ~。

というわけで、

HPの『天下侍魂』で、

「織田家の系譜」

のページを更新してみました。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

富永(設楽)忠安

odano918.jpg
今日の気分で三河東条吉良家の家老職、
徳川家の大恩人、
富永忠安です(本当は忠康かもしれません)。

松平清康さんとは義理の兄弟。

清康さんが、織田攻撃中「守山崩れ」で戦死し、
松平家が崩壊しそうなときに、

その息子、松平広忠を匿い、

伊勢に一時避難させ(伊勢の富永は大伴氏族)、
また居城の室城に迎えて、

岡崎城を奪取してあげたという大恩人です。

忠安さんの息子の忠元(伴ノ五郎)さんの代に、
東条吉良家を守るために
徳川家康と敵対、たびたび徳川軍を破り
最後は戦死してしまいます。

家康さんに煮え湯を飲ませたが為に、
子孫は江戸時代には冷遇されてます。

富永家はもともと足利尊氏の内衆(旗元)として、
「太平記」でも足利家の先陣(特攻隊長)として
「設楽(伴、富永)五郎左衛門」と名乗りをあげる
由緒ある武門の家柄です。

江戸時代、源氏を自称する徳川家康が、
足利の御由緒ある富永家と敵対したことや、
父・広忠の命の恩人を屠ったこと、

東照大神君としては、
あまり世にしられたくなかった
まずい出来事だったのかもしれませんね。


HPの『天下侍魂』で、

「今川義元の家臣団」、
「徳川家康の家臣団」のページを更新してみました。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」

「織田信長の一門衆と系譜」にある、
「斯波家の家臣団と軍団」とあわせて、

「足利尊氏の家臣団と軍団」も、


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

飯尾賢連

odano917.jpg

最近、気になる武将シリーズで、
今川家臣の飯尾賢連さんです。

東海道の遠江国の豪族です。

(西条)吉良家の両家老として、大河内氏とともに、
遠江経営の重鎮だったともいわれています。

(東条)吉良家はその間は何してたんでしょう・・。

遠江今川(堀越)氏もいますし。

南北朝時代の南朝の雄、井伊家もいますし。

守護となった斯波氏と、その守護代・甲斐氏。

伊勢長氏と今川氏親により侵食されていくまでの、
どろどろとした経過が、
いま、めっちゃ気になってます。

斯波義達が守護権を回復しようと遠江に攻め込みますが、

飯尾家の動向で、劣勢となっていくようです。

斯波義達の遠征に反対したことで、
南北の両織田家の当主も失脚するようですが、

京都にあった幕府に近い守護代の織田、

在地で又守護代として現地支配をしていた織田、

宗家、分家いりみだれての混乱も
歴史ではっきりしないのは、

斯波義達の遠征での敗北がおおきくからんでいるような・・

これがなかったら信長様の弾正家の飛躍も
どうなったんだろうなあ~。

というわけで、

HPの『天下侍魂』で、

「今川義元の家臣団」のページをつくってみました。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」

「織田信長の一門衆と系譜」

あわせて「斯波家の家臣団と軍団」

のページを

どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

 | BLOG TOP |