プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


大内義興、義隆の家臣団。

サムライを語ってゆくホームページ、
「天下侍魂」を更新しました。

尼子家臣団のページに、
大内家の家臣団も追加しました。

地理的に双虎の戦いなのでw

南北朝でのしあがった
大内家は百済王の子孫と自称する家系で、

先祖が同じというそれが対外的な貿易に
有利に働く時代だったのでしょう。

大内家の外国に向けた意気込みってゆうのが示されていて、
なんとなく好きなところです。

大内家の初期の当主達の思想は、
尼子家や、毛利家よりも
スケールでかそうって思ったりもします。

(現代風にいえば、
 物部氏が中国からの「徐福の旅団」
 の子孫なら、というか
 同じモンゴロイドなんだから
 みんな仲良くやってこうよ、
 とかいうかんじなんかなあ~。)

貿易は円滑にw

今日の日誌は、長女さんの宿題のテーマに影響されてますね。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

尼子経久・晴久の家臣団をUP

しょうちんのホームページ、「天下侍魂!」
ひさびさ更新しましたっw

中国地方の雄・尼子経久、政久、晴久、義久の四代の家臣団です。

『尼子・毛利「合戦雲陽軍実記」』という本がベースです。

尼子家の家臣・河本隆政(1521~*)という人が書いた本です。

『信長公記』をかいた太田牛一さんのような感じでしょうか。
その時代を生きたひとのものなので真実にちかいのかなあと思います。

でも俺の解釈や操作で、間違っているかもしれないので
話し半分というかんじでみてください。

尼子側からみた、大内家や毛利家の家臣団をこれから
ちょっとやってみよかと思ってます。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

北畠信雄 御爆竹♪

『信忠公記』爆竹編w

信忠さんの競技場に、弟の信孝さん、
信雄さんが招待されてたとして、

北畠信雄さんの場合だったらのオチで
描いてみました(笑。
odano570.jpg

odano579.jpg

odano580.jpg
odano573.jpg
キターーーーー(>▽<)ーーーーーー!!ッ(織田ゆうじさんふうで)

「なぁ~にやってんだよ、シゲっ」もできるなあ・・・。

で、筒花火というか噴出し花火を正式には「手筒花火」と呼ぶみたいです。
中国で盛んに行われていて、
最初に日本人で見たのは徳川家康という伝承です。

三河長篠地方に多く伝統行事として残されていて、
元々は尾張津島例祭で開催され、
三河地方の牛頭(富永)神社系列に伝播したとか。

ということは織田信長の時代に入ってきててもおかしくない・・・。

しかも祭りは織田家が後援してきた神社の祭り。
爆竹とは手筒花火のことじゃ?と思うのは早計でしょうかねえ~。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


信長公 「御くるひ」

『信忠公記』外伝。
本家本元の「お狂い」とはということで、
信長様1582年4月12日。

「富士の根かた、かみのが原、井手野にて、御小姓衆、何れも
みだりに御馬をせめさせられ、御くるひなされ、富士山御覧じところ、
高山に雪積もりて白雲の如くなり。」
odano574.jpg

odano578.jpg

odano576.jpg

odano577.jpg

尾崎豊の名曲「15の夜」にのせてw
信長様の自由への疾走を
描いてみました(笑)。

俺も時々、「御くるひ」したくなるときがあってw
きっとこんな感じだろうと妄想。

「覚えたてのタバコをふかし
 星空を見つめながら~
 自由になれた気がした15のよぉるぅ~」
ってサビがたまらなく好きでw。

(夜の風の香りってあるよなあ~)
五感で感じてみてください。

信長様は早朝、または日中からかっとばしてるようです。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

信忠公 「御狂ひ」

1581年8月12日
「中将信忠、尾州・濃州の諸侍、岐阜へ召し寄せられ、
 長良の河原に御馬場を築かせられ、
 跡先に高々と築地をつかせ、
 左右に高さ八尺の埒を結はせられ、
 毎日、御馬(せ)めさせれられ候ひき。」『信長公記』より。

odano569.jpg

odano570.jpg

odano572.jpg

odano573.jpg
日々徒然のブログは、
やっとこ新しいところに作成しましたので、
今後こちらでは、4コマ漫画ONLYということで
やってきたいと思います。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

信忠公 御爆竹Ⅱ式♪

『信忠公記♪』
爆竹を違うパターンで味わってみました。
odano567.jpg

odano568.jpg

odano570.jpg

odano571.jpg
『信長公記』の記事にでてくる、
「爆竹」についてず~っと悩んでいたのですが、
NHKの番組で、尾張の祭りで筒花火といって手に抱えて
火柱を挙げる噴出し花火が、伝統行事にあることを
知って、あ~ひょっとしてこれは(>▽<)
と思うことがありました。

パンパンパンとただ跳ねとぶ爆竹と、馬のパレードを
ただ想像してたんですが、こんなんで盛り上がるのかなって
ずっと胸につかえることがあったので。
爆竹が花火の総称であり、ライト替わりに筒花火をどんどん
格馬廻衆、弓衆、鉄砲衆がもちよってぶっ放していたのなら、
これなら、勇壮だw
火薬に親しむ軍事調練かわりに、
やっててもいいのになって思いました。
信忠さんはプロデューサーとして、
段取りや、演出に大忙しなのです。

プロデュース バイ ノブタダコウ(笑。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

信忠公 御爆竹♪

ひさびさ、『信忠公記♪』
1581年8月の信忠さんの馬揃えです。
odano566.jpg

odano567.jpg

odano568.jpg

odano569.jpg
オリンピックを見てたら描きたくなりました(笑。

「後爆竹」とは・・・で、信長様のやりたかったことって
どんなんやったのかなあ~って思ってました。

ただのファッションショー?
馬の品評会?
騎馬隊の行進?
関東の名騎手の馬芸SYOW?
・・・・

北京のオリンピック開幕式を
見てたら、花火とはこおゆう使い方するんやという、
元祖中華風な火薬芸を見せてもらえたので、
戦国当時の日本ならこおゆうアジアンチックな
事をするのかなあ~と想像してみました。
安土城も中華風要素を含んでいたらしいですから。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

 | BLOG TOP |