プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿閉貞征♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定編で。

浅井家シリーズです。
1570年「姉川の合戦」で第三陣を
つとめはった阿閉貞征さんを描いてみました。
img281.jpg

見ての通り、上から読んでも、
下から読んでも、山本山城主です!

副将で雨森さんを付けて見ました。
この副将の陣立ては妄想です。
有名な海、赤、雨の3武将は「姉川の合戦」のとき
何しとったんやろ?とかねてから思ってて
ついつい旗を描いちゃいました。

「姉川」ではどういう基準で部隊長が
決められたのか、なんですけど。

磯野さんは長政おきにいりの猛将で支城主に取り立てられた様子。
浅井(玄蕃)政澄さんは一門衆を代表して率いてたとして、
阿閉さんは有力国人で浅井家との婚姻関係もあるようで、
準一門のようなもんで、江北の豪族を代表して大将なのかと
自分なりに考えてます・・。
とりあえず城主クラス。

海北・赤尾・雨森は長政の旗本もしくは、
支城主クラスに率いられる足軽大将なのでしょうねえ。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

スポンサーサイト

別所長治♪

『のぶただ公記♪』

1577年「雑賀攻略」編です。
別所軍参陣で描いてみました。
img276.jpg

img277.jpg

img278.jpg

img279.jpg

img280.jpg

5コマひっぱってマクベおち。
わかるひとにも、謎でしょう・・(;--)。

冴えないなあw

HP「天下侍魂」は現在崩壊中です。てか工事中。
アフェリィエイトをはっつけていくと営利目的なんだろか・・
とふと考えて、歴史の教科書から引用した信長様の
肖像画とか、まわりまわって著作権とかあるのかな?
と思いまして、すべて削除しました。

肖像画を描いた作者はなくなっていても、
著作権とか発生するのかなあ・・・謎です。
まあ、イラストたまってきたから、もっと自分味を
だしていってみようとポジティブに考えて
全削除だっ!!
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

浅井玄蕃♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定編。

浅井長政の家臣団シリーズに
なってきましたw
ま、続けることに意味があるという事で。
1570年「姉川の合戦」第二陣の大将、
浅井玄蕃政澄です。
img275.jpg


「玄蕃」というとこに、こだわってみましたw
暦を司る官職。あと火消し等にも関連する用語らしいです。
小谷城にこの名前を冠した郭もあったとか。

尾張の信長様の赤幌衆、浅井政澄と
よく混同されていますが別人です。

浅井一門の中で一番部隊長として秀でた人なのでしょうね。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

磯野員昌♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定編。

北近江の浅井家シリーズの続編ですなあ。
1570年 「姉川の合戦」
浅井軍の先鋒、第一陣の将です。
img274.jpg

磯野というからには、
お魚くわえたドラ猫風で・・・(汗。
磯系なので副将には海北さん(ちっちゃく登場。

名前に「昌」の字を持っていて
武田家にいてもおかしくないような名前です。
織田家の陣を次々と突き崩したらしいですから、
武名的にも武田の武将に劣らない人です。
織田軍を悩ませた武将ですが、
信長様にスカウトされて、織田信澄さんを養子に
迎えています。

リアル年度末で仕事に追われているので、
1コマであしからず(いいわけ)。
決してネタぎれでわあああ。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

別所長治♪

『のぶただ公記♪』

久々おもいうかんだことで
描いてみました。
img270.jpg

img271.jpg

img272.jpg

img273.jpg


あいかわらず頭の中が鉄砲なので
いつから合戦につかわれたかなっと
考えていて、島津、大友、竜造寺、毛利
と本を読み直してるうちに、家臣団も気になって
毛利傘下の国人領主・・・でついに
別所までたどりつきました(;--)。

ここ最近の思考の変遷は「天下侍魂」
島津家の家臣団、大友家の家臣団、
竜造寺家の家臣団、毛利家の家臣団に
反映されていますw
リンク先から「天下侍魂 ご笑覧ください。」

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。




佐々成政♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定変?

最近頭を巡ってるのは鉄砲です。。

なので織田家の鉄砲隊長
佐々成政さんで描いてみました(妄想w)
img257.jpg

黒幌衆なので、黒く塗ってたら
なんだかよくわからないものに
なってしまいました。

あと1542年の種子島鉄砲伝来から
どんだけ鉄砲はつくられてたんだろう?と、
あいかわらず使い慣れないエクセルで
(研修うけたのにもう内容忘れてる・・)
ちょっと計算してみましたw

img269.jpg

鉄砲伝来から種子島でその構造が解明されて、
根来の津田さんが1丁もちかえり
堺からは製造法を学びに来た鍛冶屋さんがいて、
種子島では初期に1年で10丁程の生産ができるようになった
とのことから鍛冶屋1人につき1年で2丁の鉄砲が製造できるとして・・・

40年代、50年代という具合で日本国内での総生産量を
計算してみました。
秘伝やからそう各地に製造法は伝わらないかなあとか
貿易で外国からの買取、輸入ものが何丁くらい入ってくるかが難点。
(項目で肥前としてるのは、豊後の間違いです。あちゃ)

で信長様が、信秀親父さんが病気で弱ってきた1550年
くらいから織田家の予算で、年間50丁づつ購入を
はじめたら、どんだけ鉄砲がそろうだろうと・・
あと領土拡張のタイミングで収入も増えるだろうから
と購入数をプラスしていってみてます。

1575年「長篠の合戦」。こんなもんなのかなあ・・・
ってゆうか、俺って、あほだなああ。
ま趣味ということで、

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

佐藤秀方♪

『のぶただ公記♪』

遠藤慶隆さん、佐藤秀方さんの
登場です(チョコットですが)。

よみにくい文字が多いですが
乱筆乱文失礼ということで。
飛騨の戦う商人、内ヶ島氏理を
どうやって傘下におくか妄想してみましたw
img263.jpg

img264.jpg

img265.jpg

img266.jpg

関西商人風ということで、
いいまわしが・・。
コナンに出てくる西の高校生探偵風に
一気に読みきってくださいw
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

団平八♪

『のぶただ公記♪』

前回、鬼武蔵だったので、
団忠正さんは・・・平八。
信忠軍団別働隊の作戦始動を
想像して描いてみました。
img259.jpg

img260.jpg

img261.jpg

img262.jpg

北畠氏攻略とともに、話しがあまり残ってなくて謎
な感じの飛騨方面も考えてみようかなあと・・。

最近、きになってることは
金森長近さんは柴田軍団所属となってるのですが、
子息は信忠の小姓さんだし、越前大野衆でも
あいかたは原長頼さん。ひとりだけ
特別な方向に動く人なのかなあ。
(府中三人衆は佐々・前田・不破でしたね)

武藤舜秀さん的な遊撃軍団長というか、
実は信忠軍団?だったりしてと思ったりしてます(妄想)。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

鬼武蔵♪

『のぶただ公記♪』

前回の話しの続きで
鬼武蔵、森長可さんからスタートです。
img253.jpg

img254.jpg

img255.jpg

img256.jpg

信忠さん、”覚醒”で(エ。

それにしても~、鬼武蔵を制することができるのは
信忠さんのみだったのかと思います。

「甲州乱入」で信長様が、再三進軍をとめろと
使いを走らせてきても おかまいなし。
信忠さんが、信忠軍団だけで、
打倒武田をやる気満々なのが
長可さんに伝わってるからこそできた暴走
だったのではないかなあと(妄想)。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

惟住長秀♪

『のぶただ公記♪』

ほんの一瞬の登場ですが、
若狭国を領有する
惟住(丹羽)長秀さん登場で
描いてみました。
img249.jpg

img250.jpg

img251.jpg

img252.jpg


戦功が他の軍団長に比べて
伝わってないというか
ほんとに縁の下の力持ち的な存在ですけど

長秀さんならではの
影での戦いというか、目に見えない暗闘を
してたかなあと(妄想)。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

前田利家♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定編。

ネタが尽きた・・・
とは「言わせはせん、岩世話先祖~(変な変換w)」

とりあえず描いとこで、前田利家さんを
描いてみました。信長様の親衛隊、
赤母衣(幌)衆ってどんなカッコしてたんでしょうねえ(妄想)
img248.jpg

武田の赤備えよりも、とことん赤く。
「真紅の武者」ってかんじで。
赤20人、黒20人のメンバー構成らしいです。
(天下侍魂HPに赤幌・黒幌メンバーを
書き連ねてみたのですが、どうも人数たりない・・・。
赤・黒あわせて20人構成の間違いでしょうか。)
ナンバー入りとかだとおもしろいなあと思います(ブリーチみたいですけどw)。

「槍の又左」と賞賛されるくらいですから、
主武装は槍かな。
(前田又左衛門ってMの字が多くて、
 なんだかドMさんですねえ。エ)

最近知ったのですが、武田信玄さんの高坂弾正さん宛ての恋文が
実は誰あてのものかわからないとか(BY学研)
高坂さんとつながり深いと思ってたので
(秋山・高坂も俗称といわれているし)、

頭がついてかないというか、なんかショックです。しゅん。

今現在、自分のこってることは、自分のHP「天下侍魂」のほうが
ず~っとおざなりになってて、空欄が多いのが気になって
埋めていかんと、と思って再びそっちやってます。
たまにHPの方も、リンクのとこから跳んで、ご来場下さいm(_ _)m。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


浅井長政♪

『のぶただ公記♪』キャラ設定編。

4コマではありますぇん。
ふと浅井長政のことを考えていて
描いてしまいました。
img247.jpg

あざいながまさ。
浅井長政 (1545~1573)新九郎・賢政・備前守。近江北半の戦国大名。六角重臣・平井定武の娘婿となるが離縁。16歳で父に隠居を迫り、家督を相続する。1560年「野良田の合戦」に六角氏を破る。愛知郡・犬上郡に勢力を伸ばす。織田信長の妹婿になるが1570年に敵対関係。「姉川の合戦」に敗北。

「あざ」 といえば水滸伝の青面獣楊志が思い浮かぶんですが、
戦国武将でも刺青とかいれてる武将っていたのかなあ
と思った次第で~あります。
顔に刺青といえば、項羽と劉邦では英布さんがいました!

日本では縄文時代からばりばり刺青いれてたみたいだし。
江戸時代の時代劇では罪人がつけられてましたなあ。
斎藤道三や義龍の肖像画は(どうみても不自然な)
ひげ(つけひげ?)とか
つけているみたいなので(秀吉さんがやってたような)、
当時のバサラ流おしゃれということで。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

仁科盛信♪

『のぶただ公記♪』

松姫続編です
(この作品は完全妄想編ですからっ)。
武田信玄の息子、勝頼の弟にして
信濃の豪族の養子となった、
仁科盛信さんの登場です。
img246.jpg

img243.jpg

img244.jpg

img245.jpg

ジオング、ゲルググときてるので
ゲルググと競い時期主力の
からはずれたギャン風当世具足で・・(謎。

師匠から笑いのツボがわかりませんと
いわれてしまいましたが、
しょうちんワールドの謎な4コマということで・・・

仁科(武田)盛信。
1557年生まれ、信忠さんが1555年生まれなら
2歳年下の武将です。

武田家滅亡の際に織田軍に挑み、
見事な死に華を咲かせます。
信忠さんの心に影響を与えた武将だと思います(妄想)。
「御旗、盾無、御照覧あれ!!」

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

森長可♪

『のぶただ公記♪』

松姫続編。
にげろ のぶただ♪
で描いてみました(完全フィクションですからっ)。
img238.jpg

img239.jpg

img240.jpg

img241.jpg

久々の登場、相棒・森長可さんです。

島津家にできて織田家にできないことはない!
森さん団さん、騎射してますw

「御旗、盾無、御照覧あれ!!」

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

武田信豊♪

『のぶただ公記♪』

松姫続編です。
追手として出てきそうな保護者、
といえば武田典厩さんしかいないなあ。
ということで二代目・信豊さんの登場で
描いてみました。
img234.jpg

img235.jpg

img236.jpg

img237.jpg

自分の中では、中井貴一さんが主役の武田信玄で
弟のはずなのに妙に老けた武田典厩さんが
強烈に印象に残ってますw。いい味でてました。
武田家の中でも好きな武将です。

信忠さんの1582年「甲州乱入」に
おもしろい因縁があるといいなあ~と
思って(妄想)。
武田信玄家臣団については自分のHPの、
「天下侍魂」武田信玄の家臣団のページを
ご笑覧ください。

「御旗、盾無、御照覧あれ!!」

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

簗田教貞♪

『のぶただ公記♪』

婚約者・松姫に逢うため
武田領に侵入した信忠さん。
続編ですw
img230.jpg

img231.jpg

img232.jpg

img233.jpg

1560年「桶狭間の合戦」に活躍した、
簗田出羽守一族であろう、
彦四郎さんの登場です。にんにん。

ありがちな展開で描いてみましたw
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

美濃衆♪

『のぶただ公記♪』

1556年、斎藤秀龍(道三)散る。
img225.jpg

img226.jpg

img227.jpg

img228.jpg

img229.jpg

まじめに描いてしまいました(おちなし)w

歴史は繰り返されるというか・・
理想と野望に生きて
信忠さんの側近たちも皆、戦場で散っていきますね(哀。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

斎藤道三♪

『のぶただ公記♪』

夜話編のつづきです。
img221.jpg

img222.jpg

img223.jpg

img224.jpg

「国取り物語」では明智光秀さんが
斎藤道三と縁戚であったりするわけです。
(信長様の娘婿、濃姫とも)
そういう由緒があって信長様に美濃衆の
要として重用されていたら
本当におもしろいですね。

光秀さんの軍団は、光秀直参旗本衆が
増えすぎたのがマズかったのかなあ。

でも佐久間さん追放の時に、
信盛さんは直参を増やしてない
やる気があるのかと折檻したわけですから、
信長様ご自身で、軍団長の離反を促進
させてしまったのかもしれないなあ。
運命の分かれ道は1580年にあったのかも。

斎藤道三さんの教訓を
活かしてほしかったです。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。