プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽柴秀吉を少々

秀吉の家臣団は
「山崎の合戦」以前の
毛利と対陣していた時期を
掘り出して行きたいのですが、

いつから家臣になったんか
なっかなか見極めが難しい感じです。

弟の秀長もよい部下を負けじと
召抱えていたみたいです(尾藤知宣とか)。

あと信長と喧嘩して出奔した
武将が秀吉を頼って
家臣になっていたり(津田盛月とか)。
かくまってあげてるとこが秀吉らしいです。

子飼衆の生年をみてると、今で言えば
石田三成とかの世代と
福島正則とかの世代に3年生と1年生
くらいの学年差があって
先輩と後輩のヤンキーどうしの仲違いが
天下分け目の「関が原の合戦」の鍵に
なったんかなあと
いう感じです。

「関が原」では豊臣家内部で削りあって、
徳川秀忠が遅参したことで、徳川家の
戦力を大幅に削らないで済んだのだから
 家康が、漁夫の利で
天下をとる流れだったのかなあ
という気もしてきます。

子供のいない秀吉の養子となっていた
信長の実の息子の織田秀勝に、
秀吉は天下を譲る気あったのかもしれません。
本気だったのなら、
信孝や、信雄を追いやったのも
許せる気がします。
秀勝も長生きしてほしい人物でした。

ちなみにブログのタイトルかえましたw
信長公記(しんちょうこうき)
をオマンジュウして
しょうちんこうき!!
           うまいッ(ぇ


スポンサーサイト

信忠家臣団について

今日は少し考えていました。

1555年生まれの信忠の近臣。
次代の織田家を担う
周りを固める若い衆に、
信長もかなり期待していたと思います。

団忠正(梶原忠正)
どんな人物だったのかなあと
考えずにはいられません。

森乱の兄の、森長可(鬼武蔵)と
タメを張る武勇の人。
生きてもっと活躍してほしかったです。

信忠家臣団では一文字苗字が、
流行していたっぽいです。
森・団の他には、関とかw

丹羽長秀が、討ち取られた光秀の首をみて、
信長・信忠を亡くした
悔しさのあまり、おもわず噛み付いたらしいですが、
天下統一に突っ走ってきた長秀の
夢が壊された悔しさ
わからいでもないです。

信長を尊敬して働いてきたのですから。
織田家の天下を見たかったんでしょうねえ。
噛み付きたくもなるだろなあ。

二条城で散った信忠家臣団、じっくり
あげあげしていきたいです(謎。

信長の親衛隊を

今日は追加しました。

秀吉の時代に生き残った
堀秀政や、長谷川秀一も好きです。が

「長篠の合戦」で
佐々成政や、前田利家と鉄砲隊を率いた
 福富秀勝のその後とか
生きてたら、もっと歴史に名を残したと
思える武将が、やっぱ気になります。


織田信忠の軍団とか

土曜日がんばっちゃいました。
日曜は具合が悪くなるくらい。Y(>_<、)Y ヒェェ!

昼寝したんだけど
その後のほうが

頭痛いし、胸きもち悪いし
どうなってんのおぉ
という感じでした。

うち帰って、仕事やってる様な
もんやから
休息したって気分じゃ
ないかも
ほどほどに しとこう(ボソリ。

今週も
が( ̄□ ̄)ん( ̄ー ̄)ば( ̄△ ̄)れ(。 ̄O ̄)♪~~~俺w

毛利家と、武田・上杉を少々

上杉謙信かっこええわあ~(>O<)

鞭声 粛々 夜川を過たる
暁に見る千兵 大牙を擁するを
遺恨 十年 一剣を磨き
流星 光底 長蛇を逸す -頼山陽-

川中島の合戦の一場面ですが
合戦に望む緊張感というか
嵐の前の静けさというか

戦国ですw

槍に命かけて、戦いたい気分です。

ついつい歴史本を読み耽っちゃって
HPすすみませんw

羽柴と、浅井・朝倉です。

ノートの字が(>д<)ノ
書き写した名前の漢字が
あってんだか、間違ってんだか、

わっかりません

内容をUPしてく時に、やっぱ原典を再確認して、
情報の出所もちゃんと明記していったほうが
親切なんかなあ~と最近おもいます。


でも、いい加減なんも資料価値ないし
嘘、伝えてくわけにもいかんし。

う~。真面目に調べよう・・・

押入れにある本、全部ひっぱりだし
ノートの最初から調べなおし
引用文献調べです。

まあ締め切りがないのが救い
強制されてるもんでもないから
ボチボチ。

上杉・武田・北条の家臣団

今日HPに追加してったのは、
戦国武将の王道です

なんだか、上杉家の登録は槍の本数で
武田家の登録は騎馬で
北条は貫高からはじき出せる総人数で

家臣団を把握しているっぽいです。

(個性やなあ~)

信長はんが軍役帳作ってたら、
信長はんの勘定の基準は、鉄砲?

武将の名前の漢字見つけるのに時間かかったりして、
なかなか進まないです。

名前を書いてくので一杯で、個別の解説や、個人の感想は
土日にボチボチって感じでしょうか。

名前書ききって、全体量が見てみたい気分が先行しちゃいます。
(中身が)
という状態が、しばらく続きそう。

天下侍魂

「日本の武将の生き様について熱く語っていこぉ~♪」
というテーマのHPを、立ち上げてます(ペコリ)。

タイトルを悩んだんですが、『侍魂』という言葉に
たどり着きました。


 自分の好きな武将に、もっともっと有名になってもらいたくて、
どんどん、アゲアゲしていくつもりです。

 いまのところ平安時代の源氏と平氏の興隆あたりから
鎌倉時代、建武の新政、室町時代、戦国時代、安土桃山の、安土辺りを
ガンバッテ作ってます。

 一番好きなのが織田信長なので、どうしてもそっちに
片寄ってしまうのですが。
日々更新していきたいなあと思っています。
 御笑覧くださいっ♪

 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。