プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


1578年織田領と各軍団

odanobutada04.jpg

戦国時代の歴史の本を読んでいて腑に落ちないこと。

で書いてみます。

1582年という結果論で、

織田家の方面軍と

各軍団長に対しての歴史学者の人物評価に、

この評価は本当のことをゆってるんだろうか

勝者の歴史の中でつくられた、かたよったイメージで

織田家を見ているんじゃないのだろうか?と

素人ながら考え込んでしまいます。



結果論じゃなくて、1576年原田直政が戦死してから、

1578年羽柴秀吉が播磨に取り残されたりして、

1582年までの経緯で、

どうなんだろうか?と。


1578年頃は

北近畿は2分割され、北西近畿を惟任軍団、北東近畿を惟住軍団。

(地域的まとまりで、柴田に対する佐々・前田のように

 秀吉は長秀の与力であったんだろうという前提です。)

南近畿も2分割され、南西近畿を佐久間軍団、

南東近畿を、瀧川後見で織田一門が担当していたんじゃないでしょうか。

1582年の方面軍軍団長に対して、彼らが出世頭と

評価の高い歴史書が多いのですが

前線が常に重要で、占領地は重要ではないのでしょうか。

治安維持の兵力は

必要ないものなのでしょうか?

瀧川・惟住軍団は織田信長直轄領近くに配置され、

織田軍の中核軍として畿内を席捲していたはずです。

それに、

西近畿の荒木・別所・本願寺の総指揮は、

織田信忠が「御名代」として統括していたはずです。


方面軍軍団長と称されるのは、

前線にへばりつくように配置された一司令官でしかないと思います。

1582年たまたま中国方面に毛利との決戦があるということで、

信長直属の軍団から、秀吉の「与力」として多くの武将が派遣され、

中国方面軍に一番の軍事力が集中していたのではないでしょうか。

堀秀政が秀吉軍のそばにいるというのが、

その証となるのではないでしょうか。


若狭方面も話しが伝わらないだけで、守護武田家の抑えや

丹後に対しての圧力やら、なにかしらいろいろあったはず。

<惟住長秀が四国方面に最後派遣されるように配置されるのは、

病気で死期を悟っていた長秀さんが、

最後に「死に華」を、とおもって志願していたり(これは妄想です。>




飛騨方面に関しても、金森さんの柴田軍団での

動きが不明なので(加賀戦で拝郷や佐久間盛政の名前はでるのに)、

血縁の遠藤や佐藤を与力に信忠軍団と協力して、

ひとまとめに飛騨に圧力をかけてたりしないのでしょうか?。

甲州乱入の飛騨口の責任者は金森さんですし。


「金ヶ崎の退き口」のような、松永久秀や池田勝正が頑張ってるのに、

秀吉が撤退戦を成功させたような、武功の独り占め状態が、

天下人秀吉のために起きて、畿内で活躍した瀧川、惟住や、

他地域の武将の活躍がなくなったんじゃ

ないのでしょうか。



banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

別所長治♪

『のぶただ公記♪』

久々おもいうかんだことで
描いてみました。
img270.jpg

img271.jpg

img272.jpg

img273.jpg


あいかわらず頭の中が鉄砲なので
いつから合戦につかわれたかなっと
考えていて、島津、大友、竜造寺、毛利
と本を読み直してるうちに、家臣団も気になって
毛利傘下の国人領主・・・でついに
別所までたどりつきました(;--)。

ここ最近の思考の変遷は「天下侍魂」
島津家の家臣団、大友家の家臣団、
竜造寺家の家臣団、毛利家の家臣団に
反映されていますw
リンク先から「天下侍魂 ご笑覧ください。」

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。




佐久間信栄♪

「のぶただ日記♪」外伝。

天王寺砦の守将、佐久間信栄が
1580年に父親・佐久間信盛の足を
ひっぱって、軍団長の解任追放の原因のひとつで
悪評が高いですが、
このままでは、1582年に
信忠さんに再雇用されるのが
なんでや~と、疑問ですので
それなりに評価があったのかなと
いい役をw
img130.jpg

img131.jpg

img132.jpg

img133.jpg


犠牲者がでるのは寝覚めが悪いので
救われることにします!

再就職してからは佐久間正勝と改名するらしく、
ただしく勝って行くという決意でしょうかねえ。

秀吉政権下で佐久間一族が、
豊臣政権転覆計画を立ててたり
実は織田家に忠節の厚い、筋金いり譜代なのかなあ・・
とかってに思ってます。

池田元助、生駒一正は近畿地方の
若手武将として登場。
お気に入りですw

人気blogランキングへ←ランキング順位UPに、
ここをクリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す。
漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも
参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝であります!

九鬼水軍♪

「のぶただ日記♪」外伝。

毛利水軍に完全勝利!
英雄凱旋です。

も~このさい、
とことん妄想で描いてみましたw
img126.jpg

img127.jpg

img128.jpg

img129.jpg

信長様登場シーンのBGMは
スターウォーズのベえだあ卿の
登場ソングでお願いします(;--)ゞ

妖しいお供衆を従えて
どんどん人間離れしてってほしい感じです(え。

日本に踏ん切りつけて
大海にのりだしていく信長様がいたら
おもしろかったのになあ~とか
思います。

せめて、本能寺から抜け出して
権力に執着しないで
世界一周とかしててほしい。
(坂本竜馬さんにも同じこと思います。)

人気blogランキングへ←ランキング順位UPに、
ここをクリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す。
漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも
参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝であります!

海賊魂♪

「のぶただ日記♪」外伝。

毛利(村上)水軍 VS 織田(九鬼)水軍

真の海賊魂は!?
img122.jpg

img123.jpg

img124.jpg

img125.jpg

もう、ここまで勝手に書いたら
とことんという感じで(汗。

海賊といえば自分の世代では○ーろっく!
(尊敬してます松本先生)
○ルカディ○号といえば、艦首の衝角(ラム)でしょう~w

それにしても、「藤原純友の乱」からの
伝統ある村上水軍を、ぽっとでの
伊勢湾の海賊さんが、よく打ち破ったなあ・・・
という感想の「木津川河口の海戦」でした。

人気blogランキングへ←ランキング順位UPに、
ここをクリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す。
漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも
参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝であります!

 | BLOG TOP |  NEXT»»