プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


明智光秀♪

『のぶただ公記♪』外伝。

惟任日向守、明智光秀さんの登場です(2コマめw)。
明智光秀の軍団は、
なんだかんだと苦戦しまくってますが
浅井長政に匹敵するような勢力をもった戦国大名の
丹波の波多野氏や、赤井氏を、
ほぼ独力でたいらげたのだなああ~と、
ふと思ったので描いてみました。
img064.jpg

img065mituhidee.jpg

img066.jpg

img067.jpg

最後は明智光秀の股肱の臣、藤田伝五行政です。
光秀の放浪時代からの譜代といえば
この方が第一だと思います。
斉藤利三がよく宿老としてとりあげられますが
光秀家中では親戚関係ではあっても
新参じゃないのか?結局知名度的に有名なので
本能寺から山崎にかけて重要人物となったというか、
明智譜代にしてみれば、いい迷惑な人だったりして・・
と感じる今日この頃なのです。

明智光秀の軍団では
織田家のために戦うという感じよりも
「天下のために」という
民衆の平和
(民衆の為よりも・・乱世の収束、秩序の回復カナ?)
のための統一政権思想が
徹底して教育されていたのでは
ないでしょうか。その為に戦っていると・・・。

「信長親子の悪行、天下の弊害」でしたっけ
そう言い放ってますし。
秀吉さんなら「天下様(信長様)のためだけに」
ただひとりの為に働いてるって
意思明瞭な印象があります。

今日はひそかにガソダム種のオ-プニングネタおち(初だなw)。
banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。




スポンサーサイト

 | BLOG TOP |