プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井長政の最大版図と金ヶ崎からの信長の逃げ道

oumikuniasai01.png

浅井長政の所領の最大版図について考えてみました。

1560年の「野良田の合戦」に勝利して独立を勝ち取り、
1563年の観音寺騒動で愛知川から東の国境を確定し、
1565年に近江高島郡の高島佐々木氏を打倒(朽木氏本家)。
そして朽木谷の朽木氏は将軍を匿った名族であるから今回は赦免すると温情を見せたという・・。
堅田の水軍等は、反織田だったということは琵琶湖での商売上、湖北三湊を抑える浅井とは友好関係だと推測されます。

浅井家って、大大名ではないですか?

1570年4月末、浅井長政の離反に信長は逃げ道を必死に探したと思いますが、
朽木谷を通って、千草峠越で戻るというのは、
湖西の沿岸豪族は長政に従っているので朽木を通るしかなく、
岐阜に戻るにも愛知川から佐和山にかけて浅井領なので、避けて通るしかなかったのかなと。
浅井領の縁辺をスルスルと通って帰る感じです。

浅井長政の離反は、信長も相当の窮地に追い込まれていたということでしょう。
信長が、長政の髑髏を盃にして酒を飲んだというのも、殺されかけた怒りからでしょうか。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

織田家次世代・信忠側近・団忠正について

信長から、信忠家臣団に付属された、団忠正。
通称、団平八。

もとの名を梶原忠正。

梶原氏といえば、源ノ頼朝の一の側近として、
源ノ義経と激しく対立。のちに坂東平家の畠山氏ともライバル関係。

通称の団平八は、
頼朝に近しい三浦氏が。男平六と呼ばれていたことと通じるものでは?。

三浦氏と、梶原氏は、相模の平氏の同族。
忠正さんはイメージの良い三浦氏の方を意識したか。
(佐久間信盛は三浦氏後裔なので、
信長様の推し進める婚姻政策で梶原・佐久間が縁戚にあると面白いですね。
団さんで、林→森のような佐久間家からの譜代重臣家格の移譲も狙える一石二鳥計画。)

戦国時代に、伊勢宗瑞の後裔、鎌倉北条氏の秩序復興を掲げる、
小田原の後北条氏を脅かすには、絶好の名乗りだったのでは。

森長可は、源氏の後裔を名乗っていますし、森と団の
この2名が、甲州征伐の先陣にあえて選ばれたのは、
この戦争でもって、後北条氏に強烈な圧力をかける為だったのでは。

「北条氏政、つぎはお主達の番だぞ」 相模は団(梶原)忠正にくれてやるぞ的なメッセージが、

(ちなみに森長可さんの官位は後北条氏の土地の「武蔵守」。
後北条氏に対処するため、
「天道」というものを意識していそうですね。汗)

ちらつかされていたのかもしれませんね。
「流石です信長様」
と久々に織田家ネタで。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

織田家と、元関白・一条内基

HP「天下侍魂」、織田家と関わりの深い公家さんを、
記入追加してます。

摂関家の一条内基さんが、今日の気になる人物です。

土佐の一条家とも仲が宜しく、土佐に逗留しているのですが、

土佐に行く前は、山科さんと美濃に来ていたそうです。

美濃と土佐の縁といえば、そう、長曾我部氏と、美濃の斎藤と明智氏。

土佐一条家は元親により、四国統一の名目として利用されまくりですけど、

美濃侍と、土佐侍の濃密な関係にも、一条家が深く関わっていて、

その土台の上に、信長・信忠親子がどつぼにはまる何かが、

成長していってしまったのかな・・と。

一条家抜きでは語れない、もやっとしたものがあるような。

要は、

多かれ少なかれ、一条内基の存在があったことで、

織田信長親子の命運にかかわる、縁が成立しているような気がします。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

大道寺政繁

daidouji1.jpg

なにげなく、勢いで描いてしまいました。

大道寺政繁さんのつもりです。

大道寺氏は古参中の古参で、後北条氏の侍大将として代々活躍してきた家柄。

また、母がたは遠山氏らしく、これも後北条氏の重臣の中でも特別な遠山氏。

福島氏やら、高橋氏は北条姓を与えられていますが、

松田氏やら、大道寺やら、遠山、富永は、そのままの姓です。

どういう基準で一門として迎え入れるのか、後北条氏累代の老臣としての家名が重要なのか・・。

謎です。

政繁さんは、行政官としても、武将としても、たぐいまれな資質を持っておられたようで、

瀧川軍団が敗北した際の武功で、全国区となったのでしょうか。

松田憲秀さんより、何故か総合的に良いイメージの武将です。

歴史的な解釈により、松田さんの評価も、実は変わるかもしれませんよね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

青山宗勝

青山宗勝 公

丹羽長秀の娘婿にして、羽柴秀吉の友。

信長小姓の青山 虎は息子とも。

現在伝わる年齢、家族構成に若干疑問の残る武将です。


ひさびさに、とりあえず描いてみた。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。