プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


浅井長政の最大版図と金ヶ崎からの信長の逃げ道

oumikuniasai01.png

浅井長政の所領の最大版図について考えてみました。

1560年の「野良田の合戦」に勝利して独立を勝ち取り、
1563年の観音寺騒動で愛知川から東の国境を確定し、
1565年に近江高島郡の高島佐々木氏を打倒(朽木氏本家)。
そして朽木谷の朽木氏は将軍を匿った名族であるから今回は赦免すると温情を見せたという・・。
堅田の水軍等は、反織田だったということは琵琶湖での商売上、湖北三湊を抑える浅井とは友好関係だと推測されます。

浅井家って、大大名ではないですか?

1570年4月末、浅井長政の離反に信長は逃げ道を必死に探したと思いますが、
朽木谷を通って、千草峠越で戻るというのは、
湖西の沿岸豪族は長政に従っているので朽木を通るしかなく、
岐阜に戻るにも愛知川から佐和山にかけて浅井領なので、避けて通るしかなかったのかなと。
浅井領の縁辺をスルスルと通って帰る感じです。

浅井長政の離反は、信長も相当の窮地に追い込まれていたということでしょう。
信長が、長政の髑髏を盃にして酒を飲んだというのも、殺されかけた怒りからでしょうか。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

野村兵庫について教えてください

はじめまして。
ちょうど浅井家の記事があったので最新ではなくこちらに書きます。
貴殿のHP天下侍魂の浅井家の家臣で<浅井家譜代家老衆>にある

野村* (*~1573)兵庫。浅井家家臣。1570年横山城を大野木・三田村とともに守備する。

の野村兵庫ですがこの人に関する文献等について教えてもらえませんか。
既に太字なので調査は限界とのことでありますが、私もこの野村兵庫について調べたいと思っています。

私の家系で江戸時代の人が書いたとされる家系図がありその中で明応元年に亡くなった人の女(娘)が野村肥前守の妻となり野村兵庫助の母であるとされています。
さらに明応元年に亡くなった人の次の代(野村に嫁いだ娘と同世代)の子に後継ぎがないため野村兵庫助の三男を養子にもらいうけたとなっているんです。
ちなみにその兵庫の三男は長政に属し戦死しているとなっています。

蛇足ですが、当方の家系でこの時代~江戸時代までの当主の人の諱にはすべて「治」の字が使われているんですがこの兵庫の三男だけは「直茂」なんです。これは実の父の「直」と養父の「茂」を取ったと思われるんですが実際はわかりません。

まあ、この時代の家系図ですから眉つばな部分も多分にあると思いますが、何とか当時の人の手がかりでもないか(出きれば菩提寺まで判明しないか)と探している次第です。
よろしくお願いします。

Re: 野村兵庫について教えてください

新人物往来社の「戦国人名事典」や「戦国大名家臣団辞典」はお持ちでしょうか?
浅井家家臣を調べるときに役立つと思います。
秀吉の長浜城時代の家臣団も、浅井家家臣団と繋がりがあるので参考になります。

さらに、近江の武将を調べる際には、「江原武鑑」や、

「大洞弁天当国古城名札」、「江州佐々木南北諸士帳」、「浅井三代記」
が参考になるのではないでしょうか。

いずれも後世の人が書いたものなので、脚色が入っているのかもしれませんが、

過去に迫るには、口頭伝承なども重要だと思います。
それに、系図・系譜については子孫の方がやはり一番知っているんだなと思いました。
ご先祖の事績調べ、これからもお励みになられて下さい。
新資料の発見・出現を期待しています。

お力になれずに申し訳ないです。今後ともどうぞ宜しくご教授下さい。
(謹言)

ご教示感謝します

ありがとうございます
調べてみます。
何かわかったことがあればまたコメントします

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/698-b28f15e3

 | BLOG TOP |